MIX(ヨーキー×チワワ)のだいすけ&ヨーキーのちぃとの日々のお話。今日はどんなことが起こるのかなぁ~♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ちぃのその後 入院
ちぃのその後の状態です。

まず、23日のお話から。。。

23日午前中
何も食べないので、お水を10ccスポイトで飲ませる
お散歩に行ったのですが、ちぃは体力が落ちているために
ワンコ用キャリーバッグに入れてのお散歩
芝生の上でシッコをさせようとバッグから出したら
ちゃんとシッコをしてくれました(^^)
そしてトコトコとちょっと歩くと。。。
いきなり倒れた
何も食べていないために、かなり衰弱している感じ
あわててバッグに入れて帰宅

23日午後
自分で歩いてトイレに行ったけど、かなり体力が落ちている感じ
夕方病院に電話をしてみたが
「本日はセミナーのために、時間外診療はできません」と。。。
御殿場の病院へ行くべきか。。。明日の朝まで待つべきか。。。
様子を見て、明日朝一番で病院に行くことにしました
午後からは2時間おきに、スポイトで10ccの水を飲ませました
水分をこまめにとったせいか、少し眼の感じに覇気がでてきた感じ
それでもまだフラフラとしていて、トイレに行くのものんびり
かわいそうだけど、どこでシッコをしても良いようにオムツをしました
1日でこれだけ体力が衰弱しているのが気になり、ネットでいろいろ調べてみました
すると「腎臓」に問題があるのではないかと思い始めた私
とにかく軽い状態であることを祈るばかり

24日
朝起きてちぃの様子を確認
10ccの水を飲ませると「もう少し飲みたい」と、ちぃが目で言ったので
プラス5ccの水を飲ませました
昨日から水を飲ませても吐くことはなく、ちょっとだけ一安心
ただ。。。かなり体力は衰弱している
そして朝一番で病院へ
体温37度5分 ちぃにしては低い体温 
そして体温計に付いていたウンチを見た先生が
「ちょっと便がゆるめですね。少し色も黒っぽい。便の検査もしましょう」
実はちぃの体調が悪くなった21日の午後以降、ちぃはウンチを1回もしていません。
それまではいたって健康なウンチだったために、ウンチがゆるいとは思ってもいませんでした。
そして血液採取をして検査。待つこと5分ちょっと。。。
結果は思っていた通りに、腎臓の数値がかなり悪かった
BUN(尿素窒素)が137以上 (正常値7~27)
しかしこの数値は、病院の機械では137までしか計測することができないために
実際はそれ以上の数値だったのです。
もちろんCREの数値も悪くて、こちらも危険な数値でした。
そして緊急入院ということになりました。
ただ。。。この数値は脱水症状でも上がってしまうため、今は腎臓が悪いとはっきり言えないそうです。
先生が。。。
「ちぃちゃんクリスマスなのに残念だね。お正月はお母さんと一緒にいられるように頑張ろうね」と。
この言葉を聞いて、私は心の中で「そんなに長い入院になるの?」と思うと
つい「ちぃ気がつくのが遅くてごめん」と涙が出てしまいました。
ちぃの腕に点滴の針を装着。
「痛いよね。ごめんね。でも良くなるために頑張ろうね。」と、私はちぃに話しかけていました。
帰りがけに先生が。。。
「ちぃちゃんに毎日会いに来てくれてかまいませんよ。今日の夕方も来てください。」と。。。
先生にお願いをして、とりあえず帰宅。

24日午後
夕方4時過ぎに、ちぃの様子を見に病院へ
すると思いもよらぬちぃの姿が目に入りました。
なんと、ちぃが立っているのです。
点滴がかなり効いているようで、ウエットフードを水で伸ばしたご飯を食べたそうです。
そしてさらにビックリしたことに、私が行ったときには2回目のご飯を食べていました。
「点滴ってすごいですね」と思わず言ってしまいました。
先生が「ご飯を食べても吐くこともないし、思ったより早く退院できるかもしれませよ。」と嬉しい言葉を。
そして「明日もう一度血液検査をします。そして腎臓の数値を再度診てみましょう」
この日は、ちぃの事を触ることはできませんでしたが
ちょっと元気になったちぃを見て一安心。

25日午前中
今日は日曜日のために、病院の診療時間が午前中だけ。
ほかの患者さんに迷惑にならないようにと、11時30分頃に病院へ行ってきました。
先生が「ちぃちゃん連れてくるので、診察室へどうぞ」
あぁ~ちぃが来た来た。元気そうで良かった!
そして抱っこをすると「おかぁさ~ん。会いたかったよぉ」と
ちぃのぺろぺろ攻撃。こんなに元気になったんだ。良かった。本当に良かった。
そして先生が今朝の血液検査の結果の報告。
なんとBUNの数値が正常に戻っていたのです。
先生も「今朝結果を診てビックリしました。こんなことは滅多にないんです。なにか間違ったのかと2回検査しましたが、どちらも同じ結果でした。」
「ただ、ちぃちゃんのオシッコの回数が多いのが気になります。明日の朝に尿を採取して、尿検査もしてみましょう。ただ腎不全の可能性はかなり低いのですが、腎臓が少し弱っていることも考えられます」
そして。。。
「とりあえず明日退院しましょう。便がまだ少しゆるめなので、とりあえずは胃腸のお薬で様子をみます。腎臓のほうは尿検査の結果を診てということになります」だそうです。
今日の検査結果では、心配していた「腎不全」の疑いは少なくなりました。
あとは尿検査の結果待ちだけです。

ここまでがこれまでの状況です。
まずは心配していた「腎不全」の疑いが少なくなったことは、とても嬉しいことです。
しかしまだほかの病気の疑いもあるので、まだまだ油断はできません。

今朝起きたときに、いつものように「だいすけ」「ちぃ」が、どこにいるのかを確認していました。
ちぃが入院していることに気がつくのに、数秒かかった私です。
それだけ「だいすけ」「ちぃ」の存在は、私にとってはとても大きく
どちらか一人でも欠かせない、本当に大切な宝物なのです。
「だいすけ」と「ちぃ」が私を必要としているのと同じように
私も「だいすけ」と「ちぃ」が必要な存在なのだということに
改めて気がつかされました。

ちぃは「後頭骨形成不全」という持病があります。
これ以上「ちぃ」に大きな病気を与えないでほしい。
これ以上「ちぃ」が苦しむ姿を見たくはありません。

そのためには、私がもっとしっかりと健康管理をしなくてはいけなかったのです。
もっと早く病院に連れていっていれば、ちぃが苦しむこともなかったのです。
ちぃちゃん。。。ごめんね。

まずは健康な体になって、またちぃとボール遊びができるように頑張ります。

長文になりスミマセンでした。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
BACK | だいすけ&ちぃ&ママのお話 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。